日々、楽しく

ごはんと本と服

おじいちゃんは、コックさん

今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」

今は亡き母方の祖父の話。 祖父は、若い頃ホテルで西洋料理の修行をした後、洋食屋をしていました。

私が生まれた時には店は閉めていたのですが、同居していたので母が仕事でいないの日のご飯は祖父が作ってくれていました。

オムライス、ナポリタン、卵スープ、ラーメン… 思い出すだけでお腹がへってきます。

材料揃えて、何時間も手間ひまかけて作る料理じゃなくて家にあるものでぱぱっと作るのですが、本当にどれも美味しかった。

夏休みのお昼、姉と私は焼きそば食べたい!と祖父にリクエスト。そんなこと言われても中華麺はないし、田舎だから買いに行くのも時間がかかります。

祖父は台所を見て考えた後、 じゃあ、麺はそうめんにしようか!

30分も待たないくらいで出来上がったのは、そうめんに肉や野菜の醤油ベースの餡がかかった料理でした。

想像していたのはソース味の屋台風のものでしたが、美味しかったのでガッカリではなくおじいちゃんはやっぱりすごい!と思ったことを良く覚えています。

幸せな想い出です。

f:id:mochikax2:20170917111806j:plain