日々、楽しく

ごはんと本と服

連休に思うこと

f:id:mochikax2:20170917200627j:plain 接客業のため、土日や祝日は関係ありません。 一瞬で下火になったプレミアムフライデーは、ハナから対象になっていません。

三連休は今日のみお休みなので、友人とランチに行きました。台風だし空いてるかな?って思ったけど、新宿はどこも混んでいました。やっぱり、天気が悪かろうと土日祝日は混むね…

プレミアムフライデーが始まったとき、サービス業の人は恩恵ないじゃんという意見もありました。ええ、本当に。混むことが予想されるから、人多くしなきゃいけないから逆に人件費がかさむ。

それに、やっぱりこれって自分達は対象に入ってないということで嫌な気持ちになるよね…労働時間だけ増えるし。

早く帰ってお金使ってね(^_-)って言われても、お給料が増える訳でもないし(時給の人は減るだろうし)仕事量が減る訳じゃない。

働く人にとっての報奨は、やっぱりお金とお休みだと思う。

もし、プレミアムフライデーを設定するならラグジュアリータイムみたいなものを設定すれば良いんじゃないのかな?

金曜日の15時以降は、いろんな物やサービスが安くなるけど日曜日の15時以降はどのお店も付加価値をつけて高い値段を打ち出す。

15時からいろんなものが高くなるし、明日から1週間始まるから早く帰ろうって思う人が増えるのでは!? でもって、サービス業の人はお客さん減るからシフト薄くして出勤する人には価格を高くした分を時給なり手当なんかに反映させる。

休めるし、もし出勤してもお金もらえるからモチベーションも上がるんじゃないの?

で、一緒にやらないといけなのは法人のエネルギーや通信料などの固定費の価格改革。月曜日から金曜日の15時までは光熱費や通信料が安いけど15時以降から月曜日の朝まで物凄く高くするってことにすれば仕事量の見直しもするんじゃないかな。そんで、固定費減った分はお給料に反映させる。 (もちろん、24時間稼働しないと社会インフラに影響を及ぼす所は除く)

これを応用させれば、平日の18時以降オフィスのランニングコストにかかわる費用をかなり上げるってことにすれば労働時間の削減になるように思う…

生産性落ちるっていう意見もあるだろうけど、長く働いてたって生産性上がってないのはいろんなデータが証明してること。

接客業をしてる人間の拙いアイディアでした。