日々、楽しく

ごはんと本と服

ほっこり

今週のお題「読書の秋」 大人になってから、子供の本を読むことはほぼ無かったです。仕事で読まなくてはいけなくなり読んだのですが、出会って良かったと思えるくらい素敵な作品です。

高楼方子さんの 十一月の扉 (福音館創作童話シリーズ)

対象年齢は、中学生くらいかな。 主人公も中学生だし。

ただ、読み応えがかなりあって大人でも満足できます !耳をすませば好きな人には、グッとくると思う。

あらすじは、十一月荘に住み始めた爽子の二ヶ月の物語と爽子が書く「ドードー森の物語」と同時進行していく…

11月や冬が来るのが楽しみになる作品。食事の描写が丁寧でお腹もへります(笑)

秋の夜長に温かい紅茶でも飲みながら、読んでほしい小説です。