日々、楽しく

ごはんと本と服

お料理探偵系

先日、近藤史恵さんの ときどき旅に出るカフェ を読みました。

というのも、私は公共図書館に勤めているのですが購入する本を選ぶ際カタイ本を推すことが多い後輩が「ビストロシリーズが動いてたから、これも動きそう!」と言ってたので読んでみました。

5月くらいに納品されたとおもうのですが、棚に戻ってきたのはつい最近。やっぱりそれなりに動いてるな。

タイトルからファンタジー系?って思ったけど、そうではなくてカフェのオーナーが月の前半2週間を休みにして旅行に行き各地の料理や飲み物をメニューで出すということ。

旅した気分になれる本です。

で、ビストロシリーズというのはビストロ・パ・マルの三舟シェフが料理にまつわる小さな謎を解いていく話。

読み比べると、ビストロシリーズは万人受け。 ときどき〜は好き嫌いが分かれるかも?カフェ好きにはたまらないっていう印象です。

ときどき〜はシリーズ化しそうな終わり方だったけど続編出て欲しいな。

ビストロシリーズ タルト・タタンの夢 (創元推理文庫) ヴァン・ショーをあなたに (創元推理文庫) マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ)